上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・前半は予定通り早く流れ、そしてこちらも予想どおり後半はかなり早めに前がつぶれてしまってペースが緩んで、最後は決めて勝負。まあ、それでもそこは長距離勝ち馬はしっかり調教を積んだ馬でした。それでは回顧

・1着マイネルキッツ。まさかマイネルが天皇賞を勝つとは思いもしませんでした。しかも12番人気。ここ最近の成績から6番人気ぐらいかと思ってました。△に入ってたように、調教もしっかり積んでいましたし、評価はしていたのですが、まさか頭とは。変な固定観念を持つべきではないなと思いましたね。毎度好走しているようにこの勝利をただのフロックと見るのは危険、宝塚でも注意必要。

・2着アルナスライン。この馬は調教が一本少ないのが気になって多少評価落としたのですが、パドックではほどよく気合いがノッていて、仕上がりよく見えたんですよね。終い勝負になって、底力求められる展開にならなかった分調教本数がそれほど影響しなかったんでしょう。まあ、競り負けたのはその分だと思います。前走から走る気を見せて走ってきましたね。もともと能力評価していた馬、今年こそG1勝って欲しい。

・3着ドリームジャーニー。終い勝負になったら、この馬の右に出るものはいないでしょう。今回調教本数しっかり乗り込まれていたのもよかった。まあ、距離が明らかに長かった分の3着。この距離でもしっかり流れに乗って競馬出来たのは大きい。力もつけている。

・9着アサクサキングス。今回は流れが向かなかったことはもちろんですが、やはり体調自体本物じゃなかったですね。スクリーンヒーローなんかは流れ自体は向いたにも関わらずにあの着順。ほかでは阪神大賞典3着だったナムラクレセントも自己条件で4着。やはりあの阪神大賞典は相当大変な競馬だったのでしょう。おそらくこの凡走で次はしっかり巻き返してくるはず。この馬に限らず、阪神大賞典組の次々走には注目。

・12着モンテクリスエス。う~ん、状態自体は悪くなかったと思うのですが、3コーナーではもう終わってましたね。まあ、瞬発力があるわけではないので流れも向かなかったと思うのですが・・・。この馬も疲れですかね。結構休みなく使われていたので、まだ4歳でこれからの馬だと思うので、長距離G2、G3で今後も注目していきたいと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mrockkeiba.blog32.fc2.com/tb.php/579-b5cc7c45
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。