上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・4コーナーあたりから後ろの馬が進出し始めて前にいる馬には厳しいレースになりました。

・1着トールポピー。今回勝つことができましたがペースが向いたのが大きかったですね。
斬れる脚がなく、馬体を合わせると強い馬なので、外から来た2着馬と馬体を合わせる
形になったのが勝利に結びついたと思います。上位の馬はそれほど能力に差を感じません。
ただこの馬は骨格に見合った筋肉量に達していないまだまだ未完成な馬です。
そういった段階での今回の勝利、来年クラシックで主役を張れる器です。

・2着レーヴダムール。まだキャリア1戦でのここでの2着、この馬も来年がたのしみです。

・エイムアットビップは今回は今までのような先行する形ではなく中段できっちり折り合って
差す競馬で価値ある3着だったと思います。ただこの馬はかなり完成度の高い馬なので来
年は上位2頭とは差が開いていくのでは、と思います。

・4着オディールには厳しいレースになってしまいました。馬体から1600ぎりぎりに見える
のであの展開で4着は立派。この馬も完成度が高いのでそれほど伸びしろはないように
思います。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mrockkeiba.blog32.fc2.com/tb.php/32-ee6ec64c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。