上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・エアパスカルがマイルで5ハロン61.3秒というちょっと考えられない
超スローペースでの逃げ切りで決まりました。

・楽なペースの原因はレース前にも書きましたが、瞬発力がないに
もかかわらずトールポピーの池添がぎりぎりまで追い出しを我慢した
ためです。抜け出してからソラを使ったりもしていたためか、前哨戦
なので試走かといったところでしょう。それほど強い馬だとは思いま
せんが、やはりこの世代ではこの馬が1番強いと思います。

・勝ったエアパスカルは完全に嵌った形。フットワークはなかなかの
ものですが、馬格がなく次は今回のような展開にはまずならなでしょ
うし、底力を問われると厳しいと思います。

・3着オディールは今回スタート出ず、このスローペースで後方から。
もともと瞬発力勝負でという馬ではありますが、今回1番強い競馬を
したのはこの馬でしょう。ただ間隔あけてここにきたのにマイナス体重
での出走であの競馬をしたとなると次への反動が気になります。次走
の馬体重には気をつけたほうがよさそうです。




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mrockkeiba.blog32.fc2.com/tb.php/131-64b0d4ac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。