上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.11.29 たまには
レース回顧でも

~ジャパンカップ~


ある程度流れるとは思ってましたが、思った以上に早くかったなという印象でした。アサクサが積極的に行っていた分ロスがありましたね。

1コーナーで豊がリーチを抑えようとしましたが、一瞬でやめて、気分よくいかせることを優先しましたね。

あとはウオッカの位置取りですね。前走とは違い、いい位置につけてきましたね。これで、ペースが決まりましたね。有力馬が前に行けば、前に意識が行くぶん当然流れますからね。


1着ウオッカ
今日は前走とは変わって行きたがるところを見せてくれました。許容範囲ないでしたしね。
あの位置取りにつけたところで、もうこれでイケると思いましたね。流れましたが、前後半が完全に同ラップで別に無理なペースではなかったですね。瞬発力と底力どちらも問われる流れで、この馬としては最も得意とする流れ、強い競馬を見せてくれました。

2着オウケンブルースリ
ちょっと今日は行きっぷりが悪く、流れには乗れませんでした。ただ、今日は最初から外回す予定だったようなので、下手に馬群に入れるよりはあれがよかったのかなと思います。多少4コーナーで振られましたが、差が差だったのであそこに敗因を求めたい気にもなりますね。まあ、でもあんなもんは全然致命的でもなんでもないですからね。競馬なんでしょうがないです。不利を受けるっていうのは、加害馬のせいだけではないですからね。器用さがない故、外回す競馬になっているわけですから。まあ、この馬の強さは見せてくれたと思います。有馬はおそらく使わないでしょう。この馬に中山は厳しいでしょう。

3着レッドディザイア
今日はホントに健闘してくれました。調教の動きは力強く、よかったですが、正直ピークだった秋華賞当時と比べると毛づや、肉付き悪かったですからね。それでも、ここで3着に来れる能力を持っている。来年を楽しみにしたいです。思い切って海外行ってほしいななんて、特に春はいいレースないですしね。

4着コンデュイット
思った以上に流れた分この馬向きの流れになりました。この馬も強さは示せましたね。有馬なら勝てると思うんですけどね。

9着リーチザクラウン
うーん・・・、馬体的にはこのくらいの距離がいいと思うんですけどね。なんとかうまいこと走りたい気持ちを抑えられればいいのですが、まだ3歳来年に期待。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
2009.06.03 水浮く馬場で
~ダービー~

・1着ロジユニヴァース。アイアンルックが一番とか言うまでは、今年の3歳牡馬のナンバーワンと言っていた馬。ころころ変わりますが、やっぱこの馬でしたね。個人的にはしっかり、ここで本命で馬券は取れたので、よかったです。ノリさんがレースあとに言っていましたが、弥生賞後は調子を崩していて、馬体重が戻っていましたが、今回もまだ抜群の出来ではなかったです。ただ、跳びの大きい馬ですが、返し馬でも全く馬場を気にするところもなく、重馬場適性の差は他馬とは歴然でした。また、前走の敗因を今一度考えてみたのですが、やはり本質的には跳びの大きさから小回りが堪えたのでは思います。弥生賞までは、楽な競馬が多く、跳びは大きくてもそつなくこなしていたので気になりませんでしたが、やはりG1クラスになると広いコースでノビノビと走れた方がよいのだと思います。今回かなり極端な馬場で行われて、判断が皐月賞同様難しいですが、このレースも皐月賞同様評価勝ち馬を評価すべきでしょう。距離延長は大歓迎、間違いなく現段階菊花賞一番手。

・2着リーチザクラウン。NIKKEI杯と同じロジと4馬身差。直線入るところでしっかり豊は内を閉めましたが、完全に脚色が違く、あっさり割られましたね。この馬も勝ち馬同様広いコース向き。また、自分のまわりではちらほらマイラーじゃねみたいな声を聞きましたが、折り合いさえつけば、距離は持つ。勝ち馬にも同じことが言えますが、まだ一皮剝ける可能性を秘めている。秋を楽しみにしたい。

・3着アントニオバローズ。正直それほど評価はしていないのですが、馬格があるだけで大きな武器。今回、馬場悪化でをの馬格が生きる形になった。全く決め手がないので、なかなか勝ちきれない競馬が続きそう。

・4着ナカヤマフェスタ。後方から最後すごい脚で突っ込んできましたね。やはり、この馬も能力ありますね。小さい馬体でよく頑張っています。全く馬場を苦にしないところから、だいぶ精神的につよいのでしょう。どれほど伸び白があるかはちょっと??ですが、秋を楽しみにしたい。

・5着アプレザンレーヴ。この馬もよく頑張りました。正直2コーナーあたりでは苦しそうでしたが、最後の直線で外に出してからは、いい脚を使っていました。完成度低く、まだこれからの馬。秋には菊花賞を狙える一頭になっているでしょう。


後半に続くかもしれないし、続かないかもしれない・・・
・前半は予定通り早く流れ、そしてこちらも予想どおり後半はかなり早めに前がつぶれてしまってペースが緩んで、最後は決めて勝負。まあ、それでもそこは長距離勝ち馬はしっかり調教を積んだ馬でした。それでは回顧

・1着マイネルキッツ。まさかマイネルが天皇賞を勝つとは思いもしませんでした。しかも12番人気。ここ最近の成績から6番人気ぐらいかと思ってました。△に入ってたように、調教もしっかり積んでいましたし、評価はしていたのですが、まさか頭とは。変な固定観念を持つべきではないなと思いましたね。毎度好走しているようにこの勝利をただのフロックと見るのは危険、宝塚でも注意必要。

・2着アルナスライン。この馬は調教が一本少ないのが気になって多少評価落としたのですが、パドックではほどよく気合いがノッていて、仕上がりよく見えたんですよね。終い勝負になって、底力求められる展開にならなかった分調教本数がそれほど影響しなかったんでしょう。まあ、競り負けたのはその分だと思います。前走から走る気を見せて走ってきましたね。もともと能力評価していた馬、今年こそG1勝って欲しい。

・3着ドリームジャーニー。終い勝負になったら、この馬の右に出るものはいないでしょう。今回調教本数しっかり乗り込まれていたのもよかった。まあ、距離が明らかに長かった分の3着。この距離でもしっかり流れに乗って競馬出来たのは大きい。力もつけている。

・9着アサクサキングス。今回は流れが向かなかったことはもちろんですが、やはり体調自体本物じゃなかったですね。スクリーンヒーローなんかは流れ自体は向いたにも関わらずにあの着順。ほかでは阪神大賞典3着だったナムラクレセントも自己条件で4着。やはりあの阪神大賞典は相当大変な競馬だったのでしょう。おそらくこの凡走で次はしっかり巻き返してくるはず。この馬に限らず、阪神大賞典組の次々走には注目。

・12着モンテクリスエス。う~ん、状態自体は悪くなかったと思うのですが、3コーナーではもう終わってましたね。まあ、瞬発力があるわけではないので流れも向かなかったと思うのですが・・・。この馬も疲れですかね。結構休みなく使われていたので、まだ4歳でこれからの馬だと思うので、長距離G2、G3で今後も注目していきたいと思います。
・まさか先行勢が総崩れになるとは思いませんでした。ロジ含めそれより前にいた馬が全馬10着以下、最後方にいたトライアンフマーチが2着、今回この馬は後から行くというのを聞いて評価下げたのですが、ばっちりハマりました。59.1-59.6だったのですが、数字以上に苦しい展開だったようですね。

・断然一番人気だったロジユニヴァースでしたが、もう4コーナーでは手応え有りませんでしたね。この馬は器用さが武器で、勝ちきれないことはあっても崩れることはないと思ったんですが・・・。多少前走と比べて踏み込み甘いかな?とは思いましたが、許容範囲ないだと思ったのですが、やはりマイナス10キロの影響が少なからずあったのかなと思いました。次に巻き返して欲しいですね。

・勝ったアンライバルドは前走時もそうでしたが、抜けだすときの脚はもの凄いですね。今回はうまいことハマったというのもあるでしょう。多少走りが固く長く脚が使えないので、次のダービーもこの調子でとはいかないでしょうが、POGで指名してる馬ですし、期待したいです。
2009.03.26 重賞連勝
~阪神大賞典~


・1着アサクサキングス。ここに来て成長して来ました。重馬場は得意ではないですが、精神面の成長からでしょう、きっちりこなして勝ちきりました。これで京都記念に続いて重賞連勝。去年は1番人気ながら3着と悔しい結果になってしまいましたが、今年こそはとなりそうな気がします。

・2着ヒカルカザブエ。今回は前目につけていたこと、馬場など向いたのもあるでしょうが、日経新春杯では負けましたが、そこまで4連勝で1番人気に押された馬、力をつけているのもそうでしょうし、かなりスタミナに優れているということでしょう。こうなってくると天皇賞でも馬鹿に出来ないでしょう。

・3着ナムラクレセント。昨年から評価してきた同馬。ここで賞金加算が出来ればよかったのですが、阪神でこれだけ走れたのは収穫、馬場にも対応出来ましたしね。天皇賞出られればいいのですが、間違いなく坂ある阪神より京都のほうが向く馬なんで。

・4着スクリーンヒーロー。この馬もろベタ爪なんで、渋った馬場はきついと思っていたとおりの走り。次走見直しが間違いなく必要。斤量も背負っていましたからね。良馬場ならこんな結果にはならないでしょう。ただ、それほどバリバリのスタミナ型ではないんで、長距離でスタミナ問われる流れになると苦しくなるかもしれませんが。

・7着オウケンブルースリ。この馬もスクリーンほどではないですが、ベタ爪で渋った馬場はきついほう。精神面の強さもそれほどないのでしょう、道中ものめりっぱなしで、もう勝負どころではなかったですね。この馬も瞬発力が売りなんで、スタミナ問われる流れになると苦しくなりそう。ただ京都替わりはプラスなんで、見直しは必要。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。