上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨年ローズキングダムを中心にクラシックは進むだろうと書きました。そしてこれまた昨年書きましたが、母同様の詰めの甘さがあると。前哨戦だったとはいえスプリングSではやっとそのあたりが目に見える形で出てきたなと感じました。トリッキーな中山マイルではセンスで勝ち切れましたが、歯がゆい競馬が今後多くなってくると思います。それでも皐月賞では一つ叩いてそれなりのところに来るとは思いますが。

皐月賞ならそのほかのところを見てみると、弥生賞上位組、若葉S上位組、スプリングS上位組、今日の毎日杯。中山向きな馬が多いなという印象を受けているので、現段階では選択が難しいなと感じています。

トライアル上位で順調に調整できた馬が素直に来るレースになりそうな予感


ダービーは今日のリルダヴァル、ルーラーシップが結果を出してくれないかなと思っていたのですが・・・。ちょっと今段階で突き抜けてスケールを感じる馬がいないだけに判断が難しい


↓↓いつも応援ありがとうございます。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
~桜花賞~
中心はやはり2歳女王アパパネ。久々、馬場を考慮すればチューリップ賞2着は上々の結果だったと思います。スムーズさも欠いていましたしね。栗東滞在で本番はきっちり仕上げてくるでしょう。アタマ1つ抜けてる。

この馬を中心にフラワーカップ、トライアル上位組との勝負といった感じかなと。チューリップ賞は馬場の関係もあり、判断が難しいですが、馬体、底を見せていない点から1、3着馬は素直に評価。


チューリップ賞こそ4着でしたが、フラワーCで巻き返してきたオウケンサクラ。ペースが遅かったのは気になりますが、フラワーCを先行して結果出した馬はダンスインザムード、シーザリオ、キストゥヘヴンと勝ち馬が出てるパターンなんで要注目、要注目。

クイーンC勝ち馬のアプリコットフィズも人気を集めるでしょうが、オウケンサクラ、チューリップ1、3着よりは桜花賞では下に


~オークス~
この時期だとマイラーでもこなせてしまうのがオークス。そうなると桜花賞同様にアパパネはもちろん、距離延長でアプリコットフィズ、オウケンサクラあたりも横並びと見ています。


あとは現段階ではいまひとつの結果しか残せていないが、これまで評価してると書いてきたブルーミングアレー。ちょっと陣営の使い方にミスがあったのも(僕の個人的な意見ですが)あると思うのですが、フローラSには使えそうなので、順調に行って権利が取れればチャンスはあると思っています。

とまあ、このあたりが中心になってくるんでないかなと思います。


↓↓いつも応援ありがとうございます。
人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。